スポンサーサイト

/ スポンサー広告 / Comment[-]

フリーランスで仕事をしてみて

/ 日記 / Comment[0]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーランスで仕事を始めて半年以上経ちました。業種はウェブ開発です。今のところ幸いなことに次から次に仕事が入ってきて、暇なことはありません。会社勤めのときは休憩時間以外で私的なことは全く出来ませんでしたが(禁じられている訳ではないがそんな空気)、自宅オフィスでは何もかも自由です。

遊びの片手間に仕事

基本的に普段はYouTubeかアマゾンプライムで映画やドラマを見ながらリラックスしながら仕事をしています。仕事に飽きたら音楽を聴いたりギターでも弾いて、それに飽きたら仕事を再開するというようなスタイルです。

生産性の向上

それだけ聞いたらそれ仕事できてんの?って突っ込まれそうですが、仕事はできてます。それどころか生産性が格段に上がっています。事実、会社で8時間かかった作業が4時間弱でこなせるようになり、ストレスをかけて仕事をぶっつづけるよりサボりながら仕事をするほうが生産性がはるかに高いことに気づきました。自分でもびっくり。

早く終わらせてサボろうという働きたくない精神が働き、仕事をいかに簡単に単純にするかに追求し、テンプレ化できるものは全てテンプレ化し、格段に仕事の効率性が上がっています。

”会社に行く意味”について考えてみたが

話がしたければチャットワークのグループチャットかSkypeなりでグループ通話をすればいい話ですし、データ転送もftpだとかで問題ありません。その現場に居なくてもインターネット回線すら繋がっていれば間に合ってしまいます。会社に行く通勤時間と交通費、不自由からのストレス…生産性の低下…会社に出向くメリットが全く思い当たりません。今まで何でこんな無駄なことをやっていたのだろうと思った今日この頃です。

自由

フリーランスということでどこの会社にも属していないわけですが、これは大きなメリットです。自分で時間を管理できるため、遊ぶ時間はもちろんのこと、勉強や副業をする時間を確保することができます。会社勤めだと1日最低でも8時間は拘束され、その会社でのノウハウや技術しか蓄積できませんが、フリーランスでは副業を始めたり勉強をしたり、様々なスキルの習得、収入源の冗長化などが可能になるわけです。

関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可