スポンサーサイト

/ スポンサー広告 / Comment[-]

車に家庭用コンセントを 小型カーインバータで世界が広がる

/ ジムニー / Comment[0]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーインバーターを買ってみました。シガーソケットの12Vを一般家庭と同じ100Vに変換することができます。

手のひらサイズで本当にコンパクト。価格は何と1999円


スペック

入力電圧DC12V (11-15V) シガーソケット
出力電圧AC100V, 5V/2.1A+1A (USB)
最大出力150W (瞬間最大300W)

トラブルがあっても安心。

電圧が低くなったりシガーソケットからの入力電圧が高い場合など、とにかく異常時には保護回路が働き赤ランプを点灯させ停止します。正常動作時は緑色に点灯します。

シガーから取れる最大電力は?


JB23のシガーのヒューズは15Aなので、12Vの15Aで最大180Wまでシガーソケットから取れる計算です。それ以上の電化製品を繋げるとシガーのヒューズが切れます。

使ってみる

この製品をシガーソケットに繋げる瞬間からインバータは動作します。本体スイッチはありません。動作中は常時ファンが回り本体を冷却します。ファンの音は非常に静かで、本体に耳を近づけない限り音は聞こえません。(高負荷時は試していないので分かりませんが。)

非常にコンパクトな筐体から150Wもの電力を取り出せる素晴らしい製品なのですが、一つ言わせていただくと、スイッチが欲しい所ですね。シガーソケットに差しっぱではインバータが動作しっぱなしで、ファンも回りっぱなしのため割と電気を食うと思うのです。使わないときは外しておきたいのですが抜き差しが面倒です。あとでスイッチを付けましょうかね。

100V/150Wで世界が広がる

PS2がプレイできる(PS2=50W,モニタ=30W)

ギターも弾ける(15W)

150Wあれば、様々な電化製品を動かせます。ノートPCやスマホ、タブレットなどの充電はもちろんの事、液晶テレビも使えますし、ギターアンプも使えます。キャンプや車中泊などの際に便利なツールです。

関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可