スポンサーサイト

/ スポンサー広告 / Comment[-]

HTML,CSS3でフレキシブルな陰陽マークを書いてみた

/ HTML5/CSS3/jQuery / Comment[0]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰陽。

森羅万象をこのマークひとつで表わす事が出来る。
光が存在するからこそ闇が存在し、闇が存在するからこそ光が存在しえる。
陰と陽、正反対の特性を持つこれらは互いに均衡を保ちながら世の中を維持している。

対応ブラウザ:最新IE,Firefox,Chrome

CSS

#wrap {
  position: relative;
  overflow: hidden;
  width: 50%;
  height: 0;
  padding-top: 50%;
  border: 2px solid #666;
  border-radius: 50%;
  z-index: 1;
  margin: auto;
  box-shadow: 0 0 2em #666;
}

#wrap:before,#wrap:after {
  content: '';
  position: absolute;
  top:0;
  display: block;
  width: 100%;
  padding-top: 100%;
  background: #000;
}
#wrap:before {
  left -50%;
  background: #000;
}
#wrap:after {
  left: 50%;
  background: #fff;
}

#wrap div {
  position: absolute;
  left: 25%;
  width: 50%;
  padding-top: 50%;
  border-radius: 50%;
  z-index: 1;
}
#wrap .true {
  bottom: 0;
  background: #fff;
}
#wrap .false {
  top: 0;
  background: #000;
}

#wrap div:before {
  content: '';
  display: block;
  position: absolute;
  top: 40%;
  left: 40%;
  width: 20%;
  padding-top: 20%;
  border-radius: 50%;
}
#wrap .true:before {
  background: #000;
}
#wrap .false:before {
  background: #fff;
}

HTML

<div id="wrap">
  <div class="true"></div>
  <div class="false"></div>
</div>
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可