DHCP

/ LPIC / Comment[0]
Dynamic Host Configuration Protocolは、IPアドレス・デフォルトゲートウェイ・DNSなどをクライアントに配信・設定するサービスである。

仕組み
クライアント:255.255.255.255へブロードキャストUDPパケットを送信
DHCPサーバ:UDPパケットを受信後、プールしてあるIPアドレスをクライアントにリース(貸出)する。そして、リース中のIPアドレスとクライアントのMACアドレス対応テーブル(dhcpd.leases)を更新する。

DHCPサーバデーモン:dhcpd
設定ファイル: dhcpd.conf

dhcpd.confの設定項目
option domain-name ドメイン名
option domain-name-servers DNSサーバ
option routers デフォルトゲートウェイ
option subnet-mask サブネットマスク
option broadcast-address ブロードキャストアドレス
option ntp-servers NTPサーバ
option nis-domain NISドメイン名
option nis-servers NISサーバのIPアドレス
option netbios-name-servers WINSサーバ
default-lease-time デフォルトリース期限(秒)
max-lease-time 最大リース期限(秒)
range クライアントに割り当てるIPアドレスの範囲
fixed-address クライアントに割り当てるIPアドレス
hardware クライアントのMACアドレス
subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 {
option routers 192.168.1.1;
option subnet-mask 255.255.255.0;
default-lease-time 20000;
max-lease-time 86400;
range 192.168.1.100 192.168.1.200;
host mainpc {
hardware ethernet 11:11:11:11:11:11;
fixed-address 192.168.1.2;
}
host subpc {
hardware ethernet 22:22:22:22:22:22;
fixed-address 192.168.1.3;
}
}

リース中のIPアドレスはdhcpd.leasesファイルに記述される。
lease 192.168.1.2 {
starts 2 2011/2/10 00:11:22;
ends 3 2011/2/10 00:22:33;
hardware ethernet 11:11:11:11:11:11;
uid 01:11:11:11:11:11:11;
client-hostname "phantom0";
}


DHCPはブロードキャストを使うので、ルータを隔てたネットワークに対してはサービスを提供できない。
ルータ越しでDHCPサービスを利用したい場合、DHCPパケットを中継するDHCPリレーエージェントを使う。

eth1で受信したパケットを192.168.1.9にリレーする
# dhcrelay -i eth1 192.168.1.9
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可