【Linux】32bitOSで4GB以上のメモリを利用する【PAE】

/ Linux/Unix / Comment[0]
PAE
物理アドレス拡張機能をインストールすれば、32bitOSでも4GB以上のメモリの利用が可能になります。

linux-image-***-paeがPAEカーネルです。
$ sudo apt-get install linux-image-[ここでタブ2回]
linux-image-2.4                    linux-image-2.6.32-305-ec2
linux-image-2.6 linux-image-2.6.32-306-ec2
linux-image-2.6.31-10-rt linux-image-386
linux-image-2.6.32-21-generic linux-image-ec2
linux-image-2.6.32-21-generic-pae linux-image-generic
linux-image-2.6.32-21-preempt linux-image-itanium
linux-image-2.6.32-21-server linux-image-mckinley
linux-image-2.6.32-21-virtual linux-image-preempt
linux-image-2.6.32-22-generic linux-image-rt
linux-image-2.6.32-22-generic-pae linux-image-server
linux-image-2.6.32-22-preempt linux-image-ume
linux-image-2.6.32-22-server linux-image-virtual
linux-image-2.6.32-22-virtual linux-image-xen

大人の事情でapt-get installではインストールできません。
ソースをダウンロードして自分でコンパイルする必要があります。

ソースをダウンロード
$ sudo apt-get -d source linux-image-2.6.32-22-generic-pae
カレントディレクトリにダウンロードされます

ソースを展開、配置
$ tar xzf linux_2.6.32.orig.tar.gz
$ sudo su
# cp -r linux_2.6.32 /usr/src/
# cd /usr/src/linux_2.6.32



コンパイル開始

現在のカーネルのコンフィグレーションファイルを新しいカーネルに流用
# make oldconfig

必要に応じてカーネルコンフィグレーションを設定
# make config|menuconfig|xconfig|gconfig

コンパイル
# make

カーネルモジュールをインストール
# make modules_install

カーネルをインストール
# make install

初期RAMディスクを作成
# mkinitramfs -o /boot/initrd.img-2.6.32-22 2.6.32-22

/boot/grub/grub.cfgを編集
menuentry 'PAE' --class ubuntu --class gnu-linux --class gnu --class os {
recordfail
insmod ext2
set root='(hd0,6)'
search --no-floppy --fs-uuid --set 9cc7d165-0274-43cd-9185-4fb2201f98f4
linux /boot/vmlinuz-2.6.32-22 root=UUID=9cc7d165-0274-43cd-9185-4fb2201f98f4 ro quiet
initrd /boot/initrd.img-2.6.32-22
}


再起動

成功していれば4GB以上のメモリが利用可能になっているでしょう。
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可