RAID まとめ

/ Linux/Unix / Comment[0]
RAID0 分散書き込み 100GBのディスクを3台で構築した場合、利用可能な容量は300GB
RAID1 ミラーリング 100GBのディスクを3台で構築した場合、利用可能な容量は100GB
RAID4 ストライピング+パリティ 100GB*3台で構築した場合、1つのドライブをパリティ用に確保,利用可能な容量は200GB
RAID5 ストライピング+パリティ 100GB*3台で構築した場合、100GBをパリティ用に確保,利用可能な容量は200GB


RAIDを作成
# mdadm -C /dev/md0 -l レベル -n デバイス数 -x スペア数 デバイス デバイス デバイス

RAIDアレイの状態表示
# cat /proc/mdstat



RAIDアレイの状態表示
# mdadm --misc -Q /dev/md0

RAIDアレイの詳細状態を表示
# mdadm --misc -D /dev/md0

RAIDアレイを停止
# mdadm --misc --stop md0

全てのRAIDアレイを停止
# mdadm --misc --stop --scan



問題がある指定デバイスに不良マークをつける スペアデバイスが代わりにアクティブになる
# mdadm --manage /dev/md0 -f /dev/不良デバイス

RAIDアレイにデバイスを追加
# mdadm --manage /dev/md0 -a /dev/追加デバイス

RAIDアレイから指定デバイスを除外
# mdadm --manage /dev/md0 -r /dev/除外デバイス
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可