hdparmコマンド

/ LPIC / Comment[0]
IDE転送モードには二つある
・CPUを使ってメインメモリとHDD間のデータを転送するモード: PIO(Programmed I/O)
・CPUに代わってコントローラチップがメインメモリとHDD間のデータを転送するモード: DMA(DirectMemoryAccess)

hdparmはHDDのパラメータを設定/確認するコマンド

オプション
-i HDDの詳細情報を表示
-c0 32bit I/Oサポートを無効化
-c1 32bit I/Oサポートを有効化
-c3 同期シーケンス付きで32bit I/Oサポートを有効化
-d0 DMAを無効化
-d1 DMAを有効化
-T バッファキャッシュの読み込み速度を計測
-t バッファキャッシュを使わず読み込み速度を計測

hda1の情報を表示
# hdparm -i /dev/hda1

バッファキャッシュとディスクの読み込み速度を計測
# hdparm -tT /dev/hda1

同期シーケンス32bit I/Oサポートを有効化
# hdparm -c3 /dev/hda1

DMAを有効化
# hdparm -d1 /dev/hda1
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可