バックアップ 201

/ LPIC / Comment[0]

バックアップの種類


完全バックアップ
全てのファイルを対象にバックアップ

差分バックアップ
前回のフルバックアップ後の異差のみをバックアップ

増分バックアップ
前回のバックアップ後に作成・変更されたファイルのみをバックアップ



バックアップ/アーカイブ コマンド


# tar オプション ファイル

オプション
-c
-x
-f
-z
-j
-f
-p パーミッションを保持
-u アーカイブ内にある同名ファイルより新しいものだけを追加
-r ファイルを追加
-C 処理の開始前に指定ディレクトリに移動
-N 指定した日付より新しいデータのみ対象
-M 複数デバイスへの分割
-W アーカイブを書き込み後に照合
--delete アーカイブからファイルを削除

ホームディレクトリを/media/storageにフルバックアップ
# tar jcf /media/storage/backup.tar.bz2 ~

ホームディレクトリを/media/storageに差分バックアップ
# tar -ujcf /media/storage/backup.tar.bz2 ~

アーカイブから指定ファイルを削除
# tar -tjf /media/storage/backup.tar.bz2
# tar --delete /media/storage/backup.tar.bz2 home/file


アーカイブから指定ファイルを解凍
# tar -xjf /media/storage/backup.tar.bz2 home/file



# cpio フラグ オプション

フラグ
-i アーカイブからファイルを取り出す
-o アーカイブを作成
-p ファイルを別のディレクトリにコピー

オプション
-A アーカイブにファイルを追加
-d ディレクトリを作成
-r ファイル名を対話的に変更
-t 内容を一覧表示
-v ファイル名の一覧を表示する

/home以下を/media/storage/backupにバックアップ
# ls -a ~ | cpio -o > /media/storage/backup

アーカイブ内のファイルを一覧表示
# cpio -t < /media/storage/backup

Fileを解凍
# cpio -i File < /media/storage/backup

アーカイブをカレントディレクトリに解凍
# cpio -id < /media/storage/backup



# dump オプション 対象

オプション
0~9 ダンプレベル
u /etc/dumpdatesにバックアップ状況を記録する
f バックアップ先を指定

/dev/sda1を/dev/st0にフルバックアップ
# dump 0uf /dev/st0 /dev/sda1

差分バックアップ
# dump -1uf /dev/st0 /dev/sda1


# restore オプション ファイル

オプション
r 全てのファイルを取り出す
i 対話的にファイルを取り出す
f バックアップデバイスを指定

dumpコマンドのバックアップから復元
# restore rf /dev/st0


# rsync オプション バックアップ元ディレクトリ バックアップ先ディレクトリ

オプション
-v コピーファイルを表示
-a アーカイブモード
-r ディレクトリ内を再帰的にコピー
-u 変更・追加されたファイルのみコピー
-l シンボリックリンクをそのままコピー
-H ハードリンクをそのままコピー
-o 所有者を維持
-g 所有グループを維持
-t タイムスタンプを維持
-n テスト
-e コマンドを指定
-z ファイルを圧縮
--delete コピー元ファイルの削除はコピー先でも削除

/homeを差分バックアップ
# rsync -auvz --delete /home /media/storage/backup

sshでネットワーク越しのバックアップ
# rsync -auvz --delete -e ssh /home Phantom1:/media/storage/backup
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可