スタートアップサービス

/ LPIC / Comment[0]
サービスはランレベルごとに/etc/rc*.d/以下にプロセスのシンボリックリンクを作成することで設定できる。
・起動させるサービス(Sで始まるファイル)
・起動させないサービス(Kで始まるファイル)

ランレベル5のサービスを確認
$ ls -l /etc/rc5.d/
lrwxrwxrwx 1 root root  16 2010-05-13 06:55 K08vmware -> ../init.d/vmware
lrwxrwxrwx 1 root root 16 2010-05-13 06:55 S19vmware -> ../init.d/vmware
lrwxrwxrwx 1 root root 20 2010-05-13 06:44 S20fancontrol -> ../init.d/fancontrol
lrwxrwxrwx 1 root root 20 2010-05-13 06:44 S20kerneloops -> ../init.d/kerneloops
lrwxrwxrwx 1 root root 17 2010-05-13 08:26 S20postfix -> ../init.d/postfix
lrwxrwxrwx 1 root root 27 2010-05-13 06:44 S20speech-dispatcher -> ../init.d/speech-dispatcher
lrwxrwxrwx 1 root root 17 2010-05-13 08:18 S20winbind -> ../init.d/winbind
lrwxrwxrwx 1 root root 19 2010-05-13 06:44 S25bluetooth -> ../init.d/bluetooth
:

起動させるサービスを追加
# ln -s /etc/init.d/pppd-dns /etc/rc5.d/S20pppd-dns

起動させないサービスを追加
# ln -s /etc/init.d/pppd-dns /etc/rc5.d/K20pppd-dns



chkconfigコマンド

Red Hat系のディストリビューションのスタートアップサービスの設定コマンド

# chkconfig オプション サービス名 on|off

オプション
--list サービスの起動設定を表示
--level ランレベルを指定
--add  サービスを登録
-del   サービスを削除

オプションをつけずに実行するとサービス起動設定を表示する
# chkconfig
NetworkManager 	0:off	1:off	2:on	3:on	4:on	5:on	6:off
abrtd 0:off 1:off 2:off 3:on 4:off 5:on 6:off
atd 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
auditd 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
avahi-daemon 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
bluetooth 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
cpuspeed 0:off 1:on 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
crond 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
:
bluetoothを自動起動させる ランレベルを指定しない場合、2~5のランレベルで有効な設定となる
# chkconfig bluetooth on

ランレベルが3と5のときにbluetoothを自動起動させる
# chkconfig --level 45 bluetooth on



update-rc.d

Debian系のスタートアップサービスの設定コマンド

# update-rc.d オプション サービス

オプション
-n 表示
-f シンボリックリンクを強制削除
remove シンボリックリンクを削除する
defaults デフォルトのシンボリックリンクを作成
start 起動用シンボリックリンクを作成
stop 停止用シンボリックリンクを作成
数値 0~99の数値 優先度

ランレベル3,5のときにbluetoothをスタート(ランレベルを全て指定しない場合は最後に.を付ける)
# update-rc.d bluetooth start 30 3 5 .

ランレベル3のときにbluetoothをストップ
# update-rc.d bluetooth stop 3 .



insserv

opneSUSE系のスタートアップサービスの設定コマンド

# insserv サービス名

/etc/init.d/*起動スクリプトに適切な設定が必要である

この部分をinsservコマンドが参照する
/etc/init.d/bluetooth

### BEGIN INIT INFO
# Provides: bluetooth
# Required-Start: $local_fs $syslog $remote_fs dbus
# Required-Stop: $local_fs $syslog $remote_fs
# Default-Start: 2 3 4 5
# Default-Stop: 0 1 6
# Short-Description: Start bluetoothd
### END INIT INFO


自動起動するようにする
# insserv bluetooth

自動起動しないようにする
# insserv -r bluetooth
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可