mke2fs,tune2fs ext2/ext3ファイルシステム

/ LPIC / Comment[0]
ext2,3ファイルシステムの仕組み
スーパーブロック,データブロック,inodeブロック 合わせて一つのブロックグループ単位で管理される。

・スーパーブロック
ファイルシステムの全般的な情報(inode,データブロックサイズ・数、マウント回数など)が格納される。

・データブロック
ファイル内容が格納される。1024byte,2048byte,4096byteのどれかを指定できる。
指定しない場合は自動で最適なサイズに適用される。

・inodeブロック
データブロックとデータ内容の対応付けと、アクセス権や作成日などのメタデータが格納される。



ext2,3ファイルシステム作成

# mke2fs オプション デバイス

オプション
-b ブロックサイズ
-c 作成時に不良ブロックチェック
-i inodeあたりのバイト数を指定
-j ext3を作成
-m root用の予約領域を%単位で指定
-n 変更をしない

# mke2fs -b4096 -m1 /dev/sdd1
・ブロックサイズ:  4096byte
・root予約領域:  1%
・ファイルシステム: ext2

# mke2fs -b2048 -j -c -m5 /dev/sdd1
・ブロックサイズ:  2048byte
・root予約領域:  5%
・ファイルシステム: ext3
・不良ブロックのチェックを行う

ext3はext2にジャーナリング機能を追加したもの
ジャーナリング機能とはディスク操作のログをジャーナル領域に保存しておき、
システムチェックを行う際にジャーナルに基づき、クラッシュした場所のみをチェックすることができるので
チェック時間を短縮できる。
その代わり、ジャーナリングする分、ディスクアクセスが増えるのでパフォーマンスは低下する。

ジャーナリングの動作
書き込み操作

メタデータの更新内容をログに書き込む

データとメタデータをディスクに書き込む

ログを削除



3つのジャーナリングモード
ext3のジャーナリングには3つのモードがある

journal 全てのデータがジャーナリングされる
ordered メタデータのジャーナリング前に全てのデータがファイルシステムに直接書き出される
writeback メタデータのジャーナリング後にデータがファイルシステムに書き込まれる

ext2,3ファイルシステムでは、ユーザがディスク全体を使い切ってしまっても、rootで操作可能にするため、
root予約領域という絶対領域がある。
デフォルトでは5%確保されているが、今時の2TBの大容量HDDの場合は100GBと無駄に確保してしまう。
そこで、ディスクを有効に使いたい人は-mオプションで何%割り当てるか指定する。


tune2fsコマンド
# tune2fs オプション デバイス

オプション
-c ファイルシステムチェックが行われるまでの最大マウント回数を設定
-C 現在のマウント回数を設定
-i ファイルシステムチェック間隔を設定
-j ext2からext3へ変換
-m root用予約領域サイズを設定
-l スーパーブロック内容を表示
-L ファイルシステムのボリュームラベルを設定する

ext2をext3に変換
# tune2fs -j /dev/sdd1

30回マウント毎にファイルシステムの整合性をチェックする
# tune2fs -c 30 /dev/sdd1
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可