カーネルパラメータ 201

/ LPIC / Comment[0]
カーネルパラメータ
カーネルに備わった機能のオンオフや色々な設定ができる。

/proc/sys/

kernel/ctrl-alt-del
 ctrl+alt+delの動作の設定
kernel/domainname NISドメイン名
kernel/modprobe modprobeのパス
kernel/hotplug ホットプラグのプログラムのパス
kernel/osrelease OSのバージョン
kernel/ostype OSの種類
kernel/sem セマフォ数
kernel/shmall 共有メモリの合計(byte)
kernel/shmmax 共有メモリセグメントの最大値
kernel/shmmni 共有メモリセグメントの最大数
kernel/sysrq システム要求キーの有効/無効
kernel/threads-max 最大スレッド数
fs/file-max 最大ファイルハンドル数
fs/file-nr 開かれているファイル数、使用されたファイルハンドル数、ファイルハンドルの最大値
net/core/wmem_default 送信ソケットバッファのデフォルトサイズ
net/core/vmem_max 送信ソケットバッファの最大サイズ
net/core/rmem_default 受信ソケットバッファのデフォルトサイズ
net/core/rmem_max 受信ソケットバッファの最大サイズ
net/ipv4/ip_forward パケット転送のオンオフ
net/ipv4/icmp_echo_ignore_broadcast ブロードキャスト宛てのICMPを無視するかどうか
net/ipv4/icmp_echo_ignore_all すべてのICMPを無視するかどうか

# sysctl オプション パラメータ
-a 現在利用できるすべてのパラメータを表示
-p 指定したファイルから設定を読み込む デフォルト/etc/sysctl.conf
-w パラメータを設定

「net/core/wmem_default」の送信パケットバッファデフォルトサイズを確認
# sysctl net.core.wmem_default
net.core.wmem_default = 124928

送信パケットバッファデフォルトサイズを変更
# sysctl -w net.core.vmem_default=256000

このように設定された値はシステムを再起動するとデフォルトに戻ってしまう
再起動後も有効にするには/etc/sysctl.confファイルに記述する必要がある。

/etc/sysctl.conf
# /etc/sysctl.conf - Configuration file for setting system variables
# See /etc/sysctl.d/ for additional system variables.
# See sysctl.conf (5) for information.
#

#kernel.domainname = example.com

# Uncomment the following to stop low-level messages on console
#kernel.printk = 4 4 1 7

##############################################################3
# Functions previously found in netbase
#

# Uncomment the next two lines to enable Spoof protection (reverse-path filter)
# Turn on Source Address Verification in all interfaces to
# prevent some spoofing attacks
#net.ipv4.conf.default.rp_filter=1
#net.ipv4.conf.all.rp_filter=1
:
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可