間違えたところ102

/ LPIC / Comment[2]
bash設定ファイル
/etc/profile

~/.bash_profile

~/.bash_login

~/.profile



リダイレクトによる上書きの禁止
set -C
set -o noclobber



シェル特殊変数
$$ 現在のシェルのプロセス番号
$# コマンドラインに与えられた引数の数
$? シェルが最後に実行したコマンドの終了状態


パスワードをシャドウ/アンシャドウ
pwconv /etc/passwdをシャドウ化
pwunconv シャドウを解除

grpconv /etc/groupをシャドウ化
grpunconv

userdel
-r ホームディレクトリも削除


cronの設定方法
crontab -eコマンドで/var/spool/cron/`whoami`を編集
/etc/crontabをエディタで編集


ロケール設定
$ locale
-a 使用可能なロケールを全て表示

LC_から始まる環境変数はロケール設定

LC_から始まる環境変数を全て同じ値に設定したい場合は、
LC_ALL環境変数を設定する


タイムゾーンを設定
$ tzselect

設定ファイル
/etc/timezone

/etc/localtimeによってタイムゾーンが決定される。このファイルは設定ファイルが格納された
/usr/share/zoneinfo/にあるファイルのコピーである。




文字コード変換
$ iconv

-l 変換できるコードの一覧
-f 変換元の文字コード
-t 変換先の文字コード

$ iconv -f ASCII -t UNICODE < textfile > outputfile


文字コード
UTF-8
ISO/IEC 10646(UCS)とUnicodeで使える。8ビット符号単位の文字符号化形式及び文字符号化スキーム。

ASCIIコード
7ビットで表現されている。
128種類の英数字、記号、制御コードで構成されている。
ASCIIコードには漢字のコードは含まれない。

ISO-8859
7ビットの文字コード体系であるASCIIコードを8ビットに拡張したもの。
256種類の文字を表現できる。


ntp設定ファイル
/etc/ntp.conf
server ntp.server.org


syslog
設定ファイル
/etc/syslog.conf

ファシリティ. =プライオリティ アクション

ファシリティ
auth,authpriv 認証
daemon デーモン
kern カーネル
lpr 印刷
mail メール
news ニュース
syslog syslog
user ユーザプログラム

複数のファシリティを設定する場合
・セミコロン;で区切って記述
・ワイルドカード*を使用
・!を使用して特定のファシリティ以外を指定

プライオリティ
emerg 非常に危険
alert 緊急の対処が必要
crit 危険な状態
err 一般的なエラーメッセージ
warning 警告
notice 注意
info 情報
debug バグ情報
none メッセージ無し

kern.=debug ; mail.=notice /var/log/mail


カーネルログデーモン
klogd


指定したメッセージを指定したファシリティ、プライオリティでログ出力する
# logger オプション メッセージ


メール
postfix パフォーマンスがいいMTA sendmailより設定が容易でセキュリティも高い
qmail セキュリティが非常に強いMTA sendmailよりパフォーマンスが優れている
exim Debian系のMTA
sendmail 古くから利用されていて、MTAの標準ソフトウェアとして広く普及していた

メールのスプールディレクトリ
/var/spool/mail 受信メールのスプールディレクトリ
/var/spool/mqueue 送信メールのスプールディレクトリ


tracepath 経路のMTUも調査する機能を持つ
$ tracepath オプション ホスト


ネットワーク設定ファイル
/etc/hosts IPアドレスとホスト名を関連付けて名前を解決を行うファイル
127.0.0.1	localhost
127.0.1.1 Phantom0

# The following lines are desirable for IPv6 capable hosts
::1 localhost ip6-localhost ip6-loopback
fe00::0 ip6-localnet
ff00::0 ip6-mcastprefix
:

/etc/resolv.conf 名前解決に必要な情報が記述されている
# Generated by NetworkManager
nameserver 192.168.1.1


/etc/host.conf 名前解決をする際の問い合わせ順が記述されているファイル
order hosts,bind
,カンマで区切る

/etc/nsswitch.conf 各種サービスと、名前解決手順の対応関係が記述されているファイル
# /etc/nsswitch.conf
#
# Example configuration of GNU Name Service Switch functionality.
# If you have the `glibc-doc-reference' and `info' packages installed, try:
# `info libc "Name Service Switch"' for information about this file.

passwd: compat
group: compat
shadow: compat

hosts: files mdns4_minimal [NOTFOUND=return] dns mdns4
networks: files

protocols: db files
services: db files
ethers: db files
rpc: db files

netgroup: nis

/etc/networks ネットワークアドレスとネットワーク名の関連付けが記述されているファイル
# symbolic names for networks, see networks(5) for more information
link-local 169.254.0.0

/etc/hostname ホスト名が記述されているファイル
Phantom0


sudoの設定ファイル
/etc/sudoers


/etc/nologinファイルが存在すると、スーパーユーザ以外ログインが出来なくなる
このファイルに書かれた内容が一般ユーザのログイン画面に表示される


/etc/xinetd.d/
xinetdで管理されている各サービスの設定ファイルが置かれている

xinetdの設定ファイル
/etc/xinetd.conf


認証エージェントに秘密鍵を追加するコマンド
$ ssh-add オプション

認証エージェント
$ ssh-agent オプション

鍵を生成する
$ ssh-keygen オプション
生成された公開鍵は、公開鍵リストに追加する
$ cat 鍵ファイル >> $HOME/.ssh/authorized_keys

接続先ホストの公開鍵が格納されているファイル
/etc/ssh_known_hosts


GPG(GnuPG)は、ファイルの暗号化と復号化をするプログラム
共通鍵、公開鍵どちらも利用できる
$ gpg オプション

GPG関連のファイルは~/.gnupg/に格納されている

公開鍵キーリング ~/.gnupg/pubring.pgp
秘密鍵キーリング ~/.gnupg/secring.pgp
関連記事

コメント

おおー
3日ってすごいですねw
とある科学の超電磁砲に出会えてなによりです
今は2期の製作予定は無いみたいですね残念です

| URL | 長倉 怜#Sl546y/Q

お久しぶりです。

今日は質問ではなくお話を(笑
いつしか長倉さんのtwitterでonly my railgunのピアノ演奏を聞きました。
それから原曲を聞き、すぐはまりましたw

たどりついたのが
「とある科学の超電磁砲」
3日で全話見ました。いいアニメです。
ものすごく好きですね。
御坂美琴に憧れます。御坂が一番好きです♪
長倉さんがいなかったらこのアニメの存在を知ることなく人生を終えていたかもしれない…
ありがとうございますw

これって続きないんですかね?

| URL | killer#-

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可

© 2010 Index of /.Phantom.