復習101

/ LPIC / Comment[0]
IRQ
/proc/interrupts デバイスとCPUのやりとりでの割り込み要求
           CPU0       CPU1       
0: 26 68 IO-APIC-edge timer
1: 29 21992 IO-APIC-edge i8042
4: 0 0 IO-APIC-edge enecir
7: 1 0 IO-APIC-edge
8: 0 1 IO-APIC-edge rtc0
9: 174 32216 IO-APIC-fasteoi acpi


I/Oアドレス
/proc/ioports I/Oポートのアドレス
0000-001f : dma1
0020-0021 : pic1
0040-0043 : timer0
0050-0053 : timer1
0060-0060 : keyboard
0064-0064 : keyboard
0070-0071 : rtc0
0080-008f : dma page reg


DMA
/proc/dma Direct Memory Accessチャンネルの割り当て
 4: cascade


SCSI
/proc/scsi/scsi
Attached devices:
Host: scsi0 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
Vendor: ATA Model: BAKKYARO- Rev: 12.0
Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 05
Host: scsi5 Channel: 00 Id: 00 Lun: 00
Vendor: BUFFALO Model: HD-PX1.0TU2-BK Rev: 0101
Type: Direct-Access ANSI SCSI revision: 00


PCI
$ lspci


DMA,IRQ,I/Oアドレス 一覧表示
$ lsdev
Device            DMA   IRQ  I/O Ports
------------------------------------------------
0000:00:11.0 6010-601f 6030-6037 6038-603f 6048-604b 604c-604f
0000:00:14.1 0170-0177 01f0-01f7 0376-0376 03f6-03f6 6000-600f
0000:01:05.0 5000-50ff
0000:09:00.0 2000-20ff
acpi 9
ACPI 0400-0403 0404-0405 0408-040b 0410-0415 0420-0427 0800-0800
ahci 22 6010-601f 6030-6037 6038-603f 6048-604b 604c-604f
cascade 4


I/Oアドレス,IRQを設定
# setserial オプション デバイス パラメータ

オプション
-g 複数のデバイスを指定して表示

パラメータ
port I/Oアドレス
irq IRQ

$ setserial -g /dev/ttyS0 /dev/ttyS1
/dev/ttyS0, UART: unknown, Port: 0x03f8, IRQ: 4
/dev/ttyS1, UART: unknown, Port: 0x02f8, IRQ: 3


# setserial /dev/ttyS0 irq 2


USBモジュール
UHCI usb-uhci.o
OHCI usb-ohci.o
EHCI ehci-hcd.o


$ lsusb オプション

オプション
-t ツリー状に表示
-v 詳細情報


lilo
# lilo オプション

オプション
-C 設定ファイルを指定
-R 次回起動時に適用されるコマンドラインパラメータを指定
-q 現在のマップファイルの内容を表示
-t テストのみ実行
-u LILOを削除
-V LILOのバージョン番号を表示
-v 詳細情報


GRUB
GRand Unified Bootloader
・多数のファイルシステムに対応
・シェル機能を搭載
・BIOSがLBAモードをサポートしていれば、1024シリンダ以降のパーティションでもブート可能


ライブラリ
スタティックリンク(静的リンク)
ダイナミックリンク(動的リンク)


ダイナミックリンクによって呼び出されるのが共有ライブラリ
共有ライブラリの場所 /lib,/usr/lib


ライブラリの確認
# ldd `which medusa`
	linux-vdso.so.1 =>  (0x00007fff71913000)
libssl.so.0.9.8 => /lib/libssl.so.0.9.8 (0x00007f21c167e000)
libcrypto.so.0.9.8 => /lib/libcrypto.so.0.9.8 (0x00007f21c12f7000)
libdl.so.2 => /lib/libdl.so.2 (0x00007f21c10f3000)
libpthread.so.0 => /lib/libpthread.so.0 (0x00007f21c0ed7000)
libc.so.6 => /lib/libc.so.6 (0x00007f21c0b68000)
libz.so.1 => /lib/libz.so.1 (0x00007f21c0951000)
/lib64/ld-linux-x86-64.so.2 (0x00007f21c18cc000)


/etc/ld.so.conf ライブラリの置いてあるディレクトリが記述されている
include /etc/ld.so.conf.d/*.conf

ldconfigコマンド

/etc/ld.so.confに基づいて (ライブラリが置いてあるディレクトリが記述されている)

/etc/ld.so.cacheを作成 (ライブラリのリスト)

プログラムを実行する際には/etc/ld.so.cacheを参照してライブラリを読み込む

その他のディレクトリも検索対象に加えるには
環境変数LD_LIBRARY_PATHにディレクトリのリストを記述する

$ export LD_LIBRARY_PATH=$LD_LIBRARY_PATH:/home/student/mylib


パッケージ管理

# dpkg オプション アクション

オプション
-E 既に同じバージョンがインストールされていればインストールしない
-G 既に新しいバージョンがインストールされていればインストールしない
-R 再帰的に処理する

アクション
-i インストール
-r 設定ファイルは残してアンインストール
-P 設定ファイルごと完全にアンインストール
-l インストール済みのパッケージを検索
-S ファイルがどのパッケージのものかを表示
-L 指定パッケージからインストールされたファイルを表示
-s パッケージの情報を表示
--configure 展開されたパッケージを構成
--unpack パッケージを展開

パッケージchromium-browserのファイルを表示
# dpkg -L chromium-browser
/usr/lib/chromium-browser
/usr/lib/chromium-browser/plugins
/usr/lib/chromium-browser/xdg-settings
/usr/lib/chromium-browser/chromium-browser-sandbox
/usr/lib/chromium-browser/locales
:


chromium-browser.pngはどのパッケージに含まれるかを表示
# dpkg -S /usr/share/icons/hicolor/16x16/apps/chromium-browser.png
chromium-browser: /usr/share/icons/hicolor/16x16/apps/chromium-browser.png

パッケージchromium-browserの詳細情報を表示
# dpkg -s chromium-browser
Package: chromium-browser
Status: install ok installed
Priority: optional
Section: web
Installed-Size: 41680
Maintainer: Fabien Tassin
Architecture: amd64
Version: 5.0.342.9~r43360-0ubuntu2~ucd2~karmic
Replaces: chromium-testsuite
Provides: chromium-testsuite, www-browser
Depends: libasound2 (>> 1.0.18), libatk1.0-0 (>= 1.20.0), libbz2-1.0, libc6 (>= 2.8), libcairo2 (>= 1.6.0), libexpat1 (>= 1.95.8), libfontconfig1 (>= 2.4.0), libfreetype6 (>= 2.3.9), libgcc1 (>= 1:4.1.1), libgconf2-4 (>= 2.23.2), libglib2.0-0 (>= 2.18.0), libgtk2.0-0 (>= 2.18.0), libjpeg62, libnspr4-0d (>= 4.7.3-0ubuntu1~), libnss3-1d (>= 3.12.3), libpango1.0-0 (>= 1.20.0), libpng12-0 (>= 1.2.13-4), libstdc++6 (>= 4.4.0), libx11-6, libxext6, libxrender1, libxss1, zlib1g (>= 1:1.2.3.3.dfsg), chromium-browser-inspector, chromium-codecs-ffmpeg | chromium-codecs-ffmpeg-extra
Pre-Depends: lzma
Suggests: chromium-browser-l10n
Conflicts: chromium-testsuite
Conffiles:
/etc/chromium-browser/default 00f6b60b3a6a0b3ec9816ac3bae285eb
Description: Chromium browser
Chromium is an open-source browser project that aims to build a safer, faster,
and more stable way for all Internet users to experience the web.
.
This package contains the Chromium browser
Homepage: http://code.google.com/chromium/



dpkgのフロントエンドツール
# dselect
Debian `dselect' パッケージ管理フロントエンド バージョン 1.1

* 0. アクセ 使用するアクセス方法を選択する。
1. 更新(u) 可能なら取得可能パッケージ一覧を更新する
2. 選択(s) システムにインストールしたいパッケージを
3. 導入(i) 要求したパッケージのインストール・更新を
4. 設定(c) 未設定のパッケージを設定する。
5. 削除(r) 不必要なソフトを削除する。
6. 終了(q) dselect を終了する。

移動には ^P と ^N、カーソルキー、英字、数字を使用できます。
リターンキーで選択項目を決定します。^L で画面を再描画します。



# apt-get オプション コマンド

オプション
-d ファイルをダウンロード
-s システムを変更せず動作をシュミレート

コマンド
clean 過去に取得した保存中で使用していないパッケージを削除
dist-upgrade 最新の状態にアップグレード
install インストール
remove アンインストール
update パッケージのデータベースを更新
upgrade 全パッケージをアップグレード

パッケージをダウンロードするサイトのリスト
/etc/apt/sources.list
deb http://security.ubuntu.com/ubuntu karmic-security main restricted
deb-src http://security.ubuntu.com/ubuntu karmic-security main restricted
deb http://security.ubuntu.com/ubuntu karmic-security universe
deb-src http://security.ubuntu.com/ubuntu karmic-security universe
deb http://security.ubuntu.com/ubuntu karmic-security multiverse
deb-src http://security.ubuntu.com/ubuntu karmic-security multiverse


deb-src http://security.ubuntu.com/ubuntu karmic-security multiverse

deb depパッケージを取得、deb-src ソースを取得
URL
バージョン名
ライセンス
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可