BIND

/ LPIC / Comment[0]
BIND(Berkeley Internet Name Domain)は代表的なDNSサーバである。

デーモン named
設定ファイル /etc/named.conf


ゾーンファイル
ホスト名とIPアドレスの対応を記述したデータベース

named.conf
ゾーンファイルの場所 optionセクション
ゾーンファイル名   zoneセクション

ゾーンファイルの種類
ルートファイル ルートネームサーバの一覧
正引きファイル ホスト名からIPアドレスへの対応
逆引きファイル IPアドレスからホスト名への対応

ゾーンファイルはnamed.confで指定した数だけ必要になる。
それぞれのゾーンファイルには、↓のレコードごとに設定を記述する。

ゾーンファイルのレコード
SOA 管理情報
NS ゾーンファイルを管理するネームサーバ
A ホスト名に対応するIPアドレス
MX メールサーバ
CNAME ホスト名の別名
PTR IPアドレスに対応するホスト名

BINDはキャッシュ専用ネームサーバとして利用することができる。
DNS問い合わせのキャッシュデータを保存しておき、次に同じ問い合わせがあった場合、キャッシュデータを利用して高速化ができる。
BINDはデフォルトでキャッシュサーバとして動作する。
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可