スーパーサーバの管理

/ LPIC / Comment[0]
ネットワークを通じてサービスを提供しているサーバはデーモンと呼ばれる常駐プログラム。
アイドルで無駄なデーモンが増えるとメモリなどのリソースを食いつぶす。
これを解決するために、サーバのプロセスを管理するスーパーサーバが開発された。

inetd,xinetdなどスーパーサーバは他のサーバプログラムに代わってサービス要求を監視し、要求があったときのみサーバプログラムに要求を引き渡す。
必要な時に必要なサーバプログラムを起動することで、リソースの節約が出来る。

返答が遅れるのがデメリット。
クライアントへの素早いレスポンスが必要とされるサーバは、スーパーサーバを経由せずサーバプログラムのみでサービス要求を監視するべきである。
これをスタンドアローンという。


inetd

inetdの設定は/etc/inetd.confで行われる。
1行につき1つのサービスをプロトコルごとに記述する
/etc/inetd.conf
#service_name socket_type protocol flag user program args
telnet stream tcp nowait root /usr/sbin/tcpd in.telnetd -h


service_name /etc/servicesで定義されているサービス名
socket_type ソケットタイプ TCP:stream UDP:dgram
protocol プロトコル
flag 処理方法 wait:1つの処理が終了するまで待機 nowait:待機せずに同時に処理
user サービスを実行するユーザ名
program デーモンへのフルパス
args デーモンに渡す引数

/etc/inet.confを変更した場合はinetdの再起動が必要。
# /etc/init.d/inetd restart

まとめ
・クライアントの要求に応じてサーバのプログラムを管理するサーバをスーパーサーバという。
・スーパーサーバのデメリットは返答が遅くなること。
・サーバプログラムのみでサービスを受け付ける環境スタンドアローンという。
・スーパーサーバinetdの設定ファイルは/etc/inetd.conf このファイルを変更した場合inetdを再起動する必要がある。
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可