Linuxネットワーク系コマンド

/ LPIC / Comment[0]

digコマンド

DNSサーバに登録されている情報を表示する

$ dig @DNSサーバ ホスト 要求タイプ

要求タイプ
ns ネームサーバ
mx メールサーバ
soa SOA情報
any すべての情報

$ dig @ntt.setup Phantom
; <<>> DiG 9.6.1-P2 <<>> @ntt.setup Phantom
; (1 server found)
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NXDOMAIN, id: 15192
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 0, AUTHORITY: 1, ADDITIONAL: 0

;; QUESTION SECTION:
;Phantom.INA

;; AUTHORITY SECTION:
.10800INSOAa.root-servers.net. nstld.verisign-grs.com. 2010041501 1800 900 604800 86400

;; Query time: 19 msec
;; SERVER: 192.168.1.1#53(192.168.1.1)
;; WHEN: Fri Apr 16 12:16:42 2010
;; MSG SIZE rcvd: 100



$ dig nasa.gov any
;; Truncated, retrying in TCP mode.

; <<>> DiG 9.6.1-P2 <<>> nasa.gov any
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 36283
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 7, AUTHORITY: 3, ADDITIONAL: 0

;; QUESTION SECTION:
;nasa.gov.INANY

;; ANSWER SECTION:
nasa.gov.46INRRSIGNS 5 2 300 20100715234006 20100415114006 16866 nasa.gov. VBjr0nY2p5jXobol2Nk+yvABCVFp4AB6c+bZmSKYR1o0IxxTr6khVTKf 8JL7Btt6qGjgSTnB2rMYDNZ17dkgayeFgeJMUsn9YM61shRvM+IHuhXv KSRMez5clVkkumgSKszjiY+U/PBfoucbbFMdJ9JR4zjgX2036yWloBFP Fzg=
nasa.gov.46INNSNS3.nasa.gov.
nasa.gov.46INNSNS2.nasa.gov.
nasa.gov.46INNSNS1.nasa.gov.
nasa.gov.84733INRRSIGDS 7 2 86400 20100420195312 20100415195312 51998 gov. TQ784ETh12dTdUss8US8d0vaeoh7dPYD+l8hbpht589p3cy8ywfmsfo7 mqjSr5X/5aUg0Xi078fRAKNEmaOuYOSDvDsuq5Jo5Mab53vRnkHgbI12 Nj+3b0M4af9GHNTMmZ5gQSHKayalsWp6QgRQ+JoZHC0mjeRxSFDyi/Nx BO4=
nasa.gov.84733INDS36946 5 2 E647B22BBA43FEE001317E21B7BE3211E82D043C29C9986EECCC071F CBEC7AB6
nasa.gov.84733INDS36946 5 1 3A44B8EAFF6DC91242F7F4D3B350E774DF783A44

;; AUTHORITY SECTION:
nasa.gov.46INNSNS2.nasa.gov.
nasa.gov.46INNSNS3.nasa.gov.
nasa.gov.46INNSNS1.nasa.gov.

;; Query time: 29 msec
;; SERVER: 192.168.1.1#53(192.168.1.1)
;; WHEN: Fri Apr 16 12:25:31 2010
;; MSG SIZE rcvd: 537




hostコマンド

DNSサーバからホストに関する情報を表示する。

$ host オプション ホスト DNSサーバ

オプション
-c 非内のデータのクエリクラスを指定
-C ネームサーバのSOAレコードを比較
-l ドメイン内のAXFRを使用してすべてのホストを表示
-i IP6.INT逆引き
-N ルート検索が行われる前に、ドットの変化数は許可される
-r 再帰処理
-R UDPパケットの再試行回数を指定
-s SERVFAIL応答がクエリを停止する必要がある
-t クエリの種類を指定
-T TCP/IPモードを有効
-v 詳細出力
-w 永遠に応答を待つ
-W どのくらいの応答を待つを指定する
-4 IPv4のみ使用
-6 IPv6のみ使用
-m メモリーデバッグフラグを立てる

$ host google.com
google.com has address 66.249.89.99
google.com has address 66.249.89.104
google.com mail is handled by 200 google.com.s9a2.psmtp.com.
google.com mail is handled by 400 google.com.s9b2.psmtp.com.
google.com mail is handled by 100 google.com.s9a1.psmtp.com.
google.com mail is handled by 300 google.com.s9b1.psmtp.com.




hostnameコマンド

ホスト名を設定するコマンド

# hostname オプション

オプション
-s, --short ホスト名をソート
-a, --alias エイリアス名
-i, --ip-address ホスト名のIPアドレス
-f, --fqdn, --long 長いホスト名
-d, --domain DNSドメイン名
-y, --yp, --nis NIS/YPドメイン名
-b, --boot デフォルト設定のホスト名でない場合可能
-F, --file 指定されたファイルからNISドメイン名/ホスト名を読み込む

$ hostname
Phantom

ホスト名をreiに変更
# hostname rei



netstatコマンド

ネットワークの情報を表示

$ netstat オプション

オプション
-a すべてのソケット情報を表示
-c 1秒後とにリアルタイムに表示
-i ネットワークインターフェイスの状態を表示
-n アドレスやポートを数値で表示
-p PIDとプロセス名も表示
-r ルーティングテーブルも表示
-t TCPポートのみ表示



routeコマンド

ルーティングテーブルの表示、操作をする

# route オプション

オプション
-v, --verbose 詳細表示を行なう
-n, --numeric 名前のレゾルブをしない
-e, --extend 他の情報や多くの情報を表示する
-F, --fib フォワード情報ベースを表示する(標準)
-C, --cache FIBのかわりに経路キャッシュを表示する
add
del

ルーティングテーブルを表示
$ route
カーネルIP経路テーブル
受信先サイト ゲートウェイ ネットマスク フラグ Metric Ref 使用数 インタフェース
192.168.1.0 * 255.255.255.0 U 1 0 0 eth0
link-local * 255.255.0.0 U 1000 0 0 eth0
default ntt.setup 0.0.0.0 UG 0 0 0 eth0


netstat -rと同じ

デフォルトゲートウェイを192.168.11.1に設定
# route add default gw 192.168.11.1

192.168.0.64宛のパケットは172.16.0.254のゲートウェイを通すように設定
# route add -net 192.168.0.64 netmask 255.255.255.192 gw 172.16.0.254



ifconfigコマンド

ネットワークインターフェイスの情報を表示、設定する。

# ifconfig インターフェイス パラメータ

eth0にIPアドレス192.168.1.5 サブネットマスク255.255.255.0を設定
# ifconfig eth0 192.168.1.5 netmask 255.255.255.0
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可