Linux ネットワーク設定

/ LPIC / Comment[0]
設定項目
・ネットワークインターフェイス
・ホスト名
・DHCP
・名前解決


TCP/IPネットワークではIPアドレスを用いてホストを特定する。
IPアドレスとホスト名を相互変換することが名前解決。
DHCPはLAN内のホストに大して動的にIPアドレスなどを割り当てる機能
これらの設定は/etc以下の設定ファイルに記述する。

/etc/hostname

ホスト名が記述されている。

/etc/hostname
Phantom



/etc/hosts

ホスト名とIPアドレスとの対応が記述されている。
小規模なネットワークならこのファイルをすべてのホストへ配布すればネットワーク内の名前解決を実現できるが、ネットワークの規模が大きくなると管理が難しくなる。

/etc/hosts
127.0.0.1 localhost
127.0.1.1 Phantom

# The following lines are desirable for IPv6 capable hosts
::1 localhost ip6-localhost ip6-loopback
fe00::0 ip6-localnet
ff00::0 ip6-mcastprefix
ff02::1 ip6-allnodes
ff02::2 ip6-allrouters
ff02::3 ip6-allhosts



/etc/networks

ネットワーク名とネットワークアドレスとの対応を記述する。

/etc/networks
# symbolic names for networks, see networks(5) for more information
link-local 169.254.0.0



/etc/host.conf

名前解決をする際の問い合わせ順を記述する。
クライアント側からの名前解決を処理するライブラリをリゾルバという。
リゾルバはまず、これらのファイルを参照して解決が出来ない場合、次にDNSを使う。

/etc/host.conf
# The "order" line is only used by old versions of the C library.
order hosts,bind
multi on



/etc/nsswitch.conf

基本host.confと同様の役割を持つ。NIS+も指定できるようになっている。

/etc/nsswitch.conf
# /etc/nsswitch.conf
#
# Example configuration of GNU Name Service Switch functionality.
# If you have the `glibc-doc-reference' and `info' packages installed, try:
# `info libc "Name Service Switch"' for information about this file.

passwd: compat
group: compat
shadow: compat

hosts: files mdns4_minimal [NOTFOUND=return] dns mdns4
networks: files

protocols: db files
services: db files
ethers: db files
rpc: db files

netgroup: nis



/etc/resolv.conf

DNSサーバやドメイン名の設定を記述する。

/etc/resolv.conf
# Generated by NetworkManager
nameserver 192.168.1.1



/etc/sysconfig/network

ネットワーク機能の使用・不使用、ホスト名デフォルトゲートウェイアドレスなどの設定を行う。


/etc/sysconfig/network-scripts/

ネットワークデバイスの設定ファイルが置かれるディレクトリ。
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可