apt-cacheコマンド

/ LPIC / Comment[0]
# apt-cache オプション コマンド

コマンド:
add - パッケージファイルをソースキャッシュに追加する
gencaches - パッケージおよびソースキャッシュを生成する
showpkg - 単一パッケージの一般情報を表示する
showsrc - ソースレコードを表示する
stats - 基本ステータス情報を表示する
dump - すべてのファイルを簡単な形式で表示する
dumpavail - available ファイルを標準出力に出力する
unmet - 未解決の依存関係を表示する
search - 正規表現パターンによってパッケージを検索する
show - パッケージの情報を表示する
depends - パッケージが依存しているパッケージを表示する
rdepends - パッケージの逆依存情報を表示する
pkgnames - システム内のすべてのパッケージ名を表示する
dotty - GraphViz 用のパッケージグラフを生成する
xvcg - xvcg 用のパッケージグラフを生成する
policy - ポリシー設定情報を表示する

オプション:
-h このヘルプを表示する
-p=? パッケージキャッシュ
-s=? ソースキャッシュ
-q プログレス表示をしない
-i umnet コマンドで重要な依存情報のみを表示する
-c=? 指定した設定ファイルを読み込む
-o=? 指定した設定オプションを読み込む (例: -o dir::cache=/tmp)


medusaに関連するパッケージを検索
# apt-cache search medusa
python-medusa - Framework for implementing asynchronous servers
python-medusa-doc - Framework for implementing asynchronous servers
medusa - ネットワークデバイス向けの高速で並列かつモジュラーなログインブルートフォース

medusaに関する情報を表示
# apt-cache show medusa
Package: medusa
Priority: optional
Section: universe/admin
Installed-Size: 764
Maintainer: Ubuntu MOTU Developers
Original-Maintainer: Luciano Bello
Architecture: amd64
Version: 1.5-1
Depends: libc6 (>= 2.8), libncp (>= 2.2.0.19.0pre71-1), libpq5 (>= 8.3~beta1), libssh2-1 (>= 1.0), libssl0.9.8 (>= 0.9.8f-5), libsvn1 (>= 1.5.0)
Filename: pool/universe/m/medusa/medusa_1.5-1_amd64.deb
Size: 226352
MD5sum: c83ec2c6c731b30f17834242067014f4
SHA1: 96e58b5709f9b52bc466149566441f6b288fff71
SHA256: e8fc5988dd278dc6ff7259d2c8b55831e7ef612decc9ab08a22df3413ccf1e0b
Description-ja: ネットワークデバイス向けの高速で並列かつモジュラーなログインブルートフォース
Medusa is intended to be a speedy, massively parallel, modular, login brute-forcer. The goal is to support as many services which allow remote authentication as possible. The author considers following items as some of the key features of this application:
* Thread-based parallel testing. Brute-force testing can be
performed against multiple hosts, users or passwords
concurrently.
* Flexible user input. Target information (host/user/password) can
be specified in a variety of ways. For example, each item can be
either a single entry or a file containing multiple entries.
Additionally, a combination file format allows the user to
refine their target listing.
* Modular design. Each service module exists as an
independent .mod file. This means that no modifications are
necessary to the core application in order to extend the
supported list of services for brute-forcing.
Bugs: https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+filebug
Origin: Ubuntu
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可