X Window System

/ LPIC / Comment[2]
X Window System(X,X11)とはウインドウシステムを表示させるプロトコルである。

マサチューセッツ工科大学で開発され、現在XFree86から分岐したX.Orgが多くのLinuxディストリビューションに標準採用されている。

Xはクライアントサーバ方式を採用している。
Xサーバはモニタやグラフィックカード、マウス、キーボードといったハードウェア管理を行う。
Xクライアントはユーザアプリケーションが相当する。


X.Orgの設定ファイルは/etc/X11/xorg.conf
XFree86の設定ファイルは/etc/X11/XF86Config,XF86Config-4にある。

$ cat /etc/X11/xorg.conf

Section "Screen"
Identifier "Configured Screen Device"
Device "Configured Video Device"
DefaultDepth 24
SubSection "Display"
Virtual 2304 800
EndSubSection
EndSection

Section "Module"
Load "glx"
EndSection

Section "Device"
Identifier "Configured Video Device"
Driver "fglrx"
EndSection

セクション
Screen ディスプレイの表示色数、画面サイズなどの設定
Module ダイナミックモジュールの設定
Device ビデオカードの設定


Xフォントサーバ
フォントは/etc/X11/fonts/に置いてある
xlsfontsコマンドを実行すると利用できるフォントの一覧が表示される。
$ xlsfonts
-adobe-courier-bold-o-normal--0-0-100-100-m-0-iso10646-1
-adobe-courier-bold-o-normal--0-0-100-100-m-0-iso8859-1
-adobe-courier-bold-o-normal--0-0-75-75-m-0-iso10646-1
-adobe-courier-bold-o-normal--0-0-75-75-m-0-iso8859-1
-adobe-courier-bold-o-normal--10-100-75-75-m-60-iso10646-1


フォントのパスが記述されているファイルは/etc/X11/xorg.conf,/etc/X11/XF86ConfigファイルのFilesセクションに記述されている

FontPath "unix/:7100"
FontPath "unix/:-1"



Xサーバ起動過程
「startxコマンド」
 ↓
「xinitコマンド」
 ↓
「/etc/X11/xinit/xinitrc」
 ↓
「/etc/X11/Xsession」
 ↓
『X Window System起動』


ランレベルの変更
RedHat系では/etc/inittabの「id:5:initdefault:」を修正すればランレベルを変更できる。

RedHat系ランレベル
init0 停止
init1 シングルユーザモード
init2 NFSを使用しないテキストログインマルチユーザモード
init3 テキストログインマルチユーザモード
init5 GUIログインモード
init6 再起動

Debian系
init0 停止
init1 シングルユーザモード
init2~5 マルチユーザモード
init6 再起動

現在のランレベルを確認するにはrunlevelコマンドを用いる
$ runlevel
N 2

一時的にランレベルを変更するにはinitコマンドを用いる
# init 2


ディスプレイマネージャには以下の物がある
XDM X Display Manager
GDM Gnome Display Manager
KDM KDE Display Manager
など

設定ファイルの場所
XDM /etc/X11/xdm/
GDM /etc/X11/gdm/
KDM /etc/X11/kdm/

XDMの設定ファイル
xdm-config XDMが利用する設定ファイルのパスや基本的なアクセス許可などの設定
Xaccess XDMへの接続を許可するホストの設定
Xresources ログイン画面などのXリソースの設定
Xservers Xサーバとディスプレイの対応などの設定
Xsetup_0 壁紙などのログイン前の処理の設定
Xsession ログイン後に起動するプログラムなどの処理の設定

重要な設定ファイル
/etc/X11/XF86Config XFree86の基本設定ファイル
/etc/X11/xorg.conf X.Orgの基本設定ファイル
/etc/X11/xinit/Xclients デスクトップ環境やウィンドウマネージャーの起動
~/.Xclients ユーザごとのXclientsスクリプト

/etc/X11/xinit/xinitrc startxやxinitコマンドで読み込まれるスクリプト
~/.xinitrc ユーザごとのxinitrcスクリプト

/etc/X11/xdm/Xsession /etc/X11/xinit/xinitrc.d/ディレクトリ以下のファイルの呼び出しやウィンドウマネージャの起動など
~/.xsession ログイン後に自動実行させたいプログラムの設定等
/etc/X11/xdm/Xresources ログイン画面のデザインやXクライアントの設定
~/.Xresources ユーザごとのXクライアントの設定



ウインドウマネージャ
twm 最小限のリソースで動かせる
fvwm twmの亜種 twmよりメモリ消費が少ない
Sawfish Gnome対応で軽快な動作
Enlightenment 強烈なビジュアル性とそのカスタマイズの高さが特徴
WindowsMaker NextStepに似ている
XFce CDEに似ている
kwin KDE専用のウィンドウマネージャ
関連記事

コメント

その通りですw
おしえてくれてありがとーうございます

| URL | 長倉 怜#5wbi/kqQ

x window systemでは?

| URL | 数学の問題集#-

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可