IRQ (Interrupt ReQuest) 割り込み要求

/ LPIC / Comment[0]
CPUはIRQを受けとると、処理を一時的に中断し、要求のあったデバイスの処理を行う。
IRQ番号は一般的に0~15までの16個が用いられる。

0 システムタイマー
1 キーボード
2 割り込みコントローラ
3 シリアルポート(COM2)
4 シリアルポート(COM1)
5 空き
6 フロッピーディスクドライブ
7 プリンタポート
8 リアルタイムクロック
9 空き
10 空き
11 USBコントローラ
12 PS/2マウス
13 数値データプロセッサ
14 プライマリIDE
15 セカンダリIDE


通常、IRQ番号は自動で割り当てられるが、自動割り当てが出来なかった場合、手動で割り当てる場合などはIRQ番号が重複しないように注意が必要。

IRQの割り当てを確認
# cat /proc/interrupts
           CPU0       CPU1       
0: 26 33 IO-APIC-edge timer
1: 19 20017 IO-APIC-edge i8042
4: 0 0 IO-APIC-edge enecir
7: 1 0 IO-APIC-edge
8: 0 1 IO-APIC-edge rtc0
9: 148 15944 IO-APIC-fasteoi acpi
12: 1577 1226162 IO-APIC-edge i8042
15: 0 0 IO-APIC-edge pata_atiixp
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可