FHS(Filesystem Hierarchy Standard)

/ LPIC / Comment[0]
雨が降ってます。
いい加減晴れてくれー

Linuxのディレクトリの簡単な説明

FHSはファイルシステム階層標準といい、ディレクトリレイアウトの基準のことです。

/ ルートファイルシステム
必ず/bin,/sbin,/etc,/dev,/libを含まなければならない

/bin
コマンドが置かれている。
このディレクトリにあるコマンドは一般ユーザでも実行可能。

/sbin
コマンドが置かれている。
このディレクトリにあるコマンドはスーパーユーザのみが実行可能。

/etc
システム、アプリケーションの設定情報、スクリプトファイルが置かれている。

/dev
HDD、光学ドライブなどのデバイスファイルが置かれている。
zero,null,random,urandomなどのスペシャルファイルも置かれている。

/lib
共有ライブラリやカーネルモジュールが置かれている。
コマンドが必要とするライブラリはここに配置される。

/mnt
マウントポイント。最近は/mediaが使われている。

/opt
パッケージ管理でプログラムがインストールされるディレクトリ。
一部ディストリビューションには無い。

/proc
カーネル内部の情報にアクセスするための仮想的なファイルシステム

/root
rootのホームディレクトリ
/homeが別ドライブでマウントするようになっている場合、そのドライブが故障などでマウント出来なくなった時でも対処出来るように、/homeとは別になっている。

/boot
機動に必要な設定やカーネルイメージが置かれている

/home
ユーザごとのホームディレクトリが置かれている。

/tmp
一時ファイルが置かれる。全てのユーザが読み書き可能。

/var
ログファイルなど、頻繁に書き換えられるファイルが置かれる。

/var/cache
一時的なキャッシュファイルが置かれる。

/var/lock
アプリケーションが排他制御に使うためのロックファイルが置かれる。

/var/log
ログファイルが置かれる。

/var/run
システムの状態を示すファイルが置かれる。

/var/spool
スプールが置かれる。

/usr
コマンドやユーティリティなどが置かれる。

/usr/bin
/usr/sbin
ユーザが使うコマンドで緊急時のシステム保守に必須ではないコマンドが置かれる。

/usr/lib
プログラムに必要な共有ライブラリが置かれる。

/usr/local
ローカルシステムで必要とされるコマンドやライブラリ、ドキュメントなどが置かれる。

/usr/share
X86やAlphaといったシステムアーキテクチャに依存しないファイルが置かれる。

/usr/src
Linuxのカーネルソースなど、ソースコードが置かれている。
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可