mkswap/swapon/swapoffコマンド

/ LPIC / Comment[1]
メモリを十二分に搭載していても、swap領域を確保することで若干パフォーマンスが上がるみたいです。

ドライブにswap領域を作成する


 # fdisk -l
 swap領域にするドライブやパーティションを確認

 # mkswap /dev/sde
 Setting up swapspace version 1, size = 1956860 KiB
 no label, UUID=77974b24-673e-4dcc-9287-645d7ad088c8

 /dev/sdeにswap領域を作成する

 # swapon /dev/sde
 swapを有効にする

 swap領域が作成されたかを確認
 # swapon -sまたは
 # free
  total used free shared buffers cached
 Mem: 3797748 3539696 258052 0 86164 2280076
 -/+ buffers/cache: 1173456 2624292
 Swap: 1956856 0 1956856

 無事に作成されました。

 # swapoff /dev/sde
 swap無効化


ファイルにswap領域を作成する

 # dd if=/dev/zero of=~/swapfile bs=1024k count=1000
 1000+0 記録始め
  1000+0 記録終わり
  1048576000 バイト (1.0 GB) コピー終了, 17.7011 s, 59.2 MB/s

 1024k*1000=1GBの0ファイルが作成されます。このファイルがそっくりそのままswap領域になるので、
 count=の値を変えて任意のサイズに調節できます。

 # mkswap ~/swapfile
 Setting up swapspace version 1, size = 1023996 KiB
 no label, UUID=971fbd4a-652c-4ff5-8e96-ef3e314e5d15


 # swapon ~/swapfile
 swap有効化

 # swapoff ~/swapfile
 swap無効化


このままでは再起動後は有効にならないので、/etc/fstabにswapを記述します。
/home/swapfile    swap swap  defaults    0    0
/dev/sde swap swap defaults 0 0

 /etc/fstabに記述されているすべてのswapを有効化
 # swapon -a

 スワップ領域を確認 (次のコマンドの出力は二つとも同じです。)
 # swapon -s
 # cat /proc/swaps

 Filename            Type    Size       Used  Priority
 /home/swap file 1023996 0 -1
 /dev/sde partition 28835836 0 -2

 /etc/fstabに記述されているすべてのswapを無効化
 # swapoff -a
関連記事

コメント

No title

(’・ω・)ノ<wubiでもスワップ領域作って大丈夫ですかね?

| URL | 数学の問題集#-

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可