【くそみそ】身の回りを観察する

/ .trash / Comment[0]
身の回りを観察する
ニュースや色々な記事を見てると、コメントに「~気づかなかった」「~思いもよらなかった」「ありえない」などと書かれてることがよくあります。これらは、自分の回りを効果的に観察することをしない人の言葉です。または、大げさに書く技法の一つです。
ですが、実際にはそういう観察力が欠けているのは当然だと言えるでしょう。なぜなら、今までに小学校、中学校、高校で観察力や状況認識力を鍛えるような訓練を受けたでしょうか?学校にはそのような科目は無いのです。なのでほとんどの人は学ぶ機会が無かったと思います。

観察力は学ぶことが出来る技術です。上手く鍛え上げれば「気づかなかった、思いもよらなかった、ありえない」という様な予想外なことに直面することは少なくなるでしょう。これは技術なので、日々の正しいトレーニングによって向上させられます。トレーニングに必要なのはごく普通な日常生活を注意深く観察することです。どんな力でも使えば強くなりますが、使わなければ衰えてしまうものです。常日頃から観察力を鍛えていれば身の回りの世界をより詳細に解析出来るようになるでしょう。


相手の基準となる癖や行動を把握しておく
相手の基準となる癖、行動を把握するには、その人の普段の状態に注目します。
例えば、顔の表情、手足を置く位置、座り方、姿勢、服、行動まで観察しておきます。
相手の基準となる状態を観察しておき、その基準に外れたことを判断できるようになるといいでしょう。


複数の情報に跨っている、あるいは連続して起こる行動に注意しておく
情報はパズルのピースのようなものです。パズルはピース全体で意味を成します。ピースが多ければ多いほど全体がよく分かります。
複数の手がかりに跨っている、連続して起こっている情報は信頼出来ます。それを注意深く観察すれば、読みの正確さが増すのです。


思考、感情、関心などの変化を探し、相手の行動の変化を予測する
急な行動の変化は人がどのように考えているか、関心や意図を物語ることがあります。
そのような変化を注意深く観察していれば、関心の対象のや行動を前もって予想することができるのです。
相手が自分や回りの人にけしからんことをする可能性がある場合は大いに役立ちます。
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可