cut/head/tailコマンド

/ .trash / Comment[0]

cutコマンド

テキストファイルから、指定した部分を表示するコマンド

$ cut 位置 [-d文字] ファイル

オプション
-b byte単位
-c 文字数単位
-f フィールド単位
-d 区切る文字を指定

以下の内容のテキストファイルがあるとします。
text.txt

18日午前10時45分ごろ、とある団地で、中学3年の妹(15)が、双子の姉(15)を刺したと父親から119番通報があった。


text.txtの7文字目を表示
$ cut -c7 text.txt
0


text.txtの3文字以降を表示
$ cut -c3- text.txt
日午前10時45分ごろ、とある団地で、中学3年の妹(15)が、双子の姉(15)を刺したと父親から119番通報があった。


text.txtの5文字以降、13文字以内を表示
$ cut -c5-13 text.txt
前10時45分ごろ


※文字コードや改行コードの関係で期待通りに表示されない場合があります。



headコマンド
とあるテキストファイルの先頭から指定した分だけ表示するコマンド

$ head -c 100 text.txt
text.txtの先頭100byteを表示

$ head -c 1k text.txt
text.txtの先頭1KBを表示

$ head -3 text.txt
text.txtの頭から3行を表示

$ head text.txt
オプションを付けないで実行すると先頭から10行を表示する



tailコマンド
指定したテキストファイルの末尾から指定した分だけ表示するコマンド

$ tail -c 1k text.txt
text.txtの末尾の1KBを表示する

$ tail -3 text.txt
text.txtの末尾3行を表示する。

$ tail -f log.log
log.logファイルのサイズが増えたら増えた分だけ表示する
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可