RAID

/ LPIC / Comment[0]
RAIDとはRedundant Arrays of Indexpensive Disksの略で、ディスクの耐障害性を高めたり、性能を高めたりする仕組み。

RAID 0 ストライピング


複数のディスクで1台のディスクに見せかけ、分散させて読み書きを行う。アクセス速度が速くなるが、一つでも壊れるとデータを復元できない。

RAID 1 ミラーリング

ディスクを2台用意して1台に見せかけ、両方のディスクに同じ内容を書き込む。
一つが壊れても、片方のディスクが壊れていなければ、新しいディスクを付けて再度ミラーリングをすれば復元できる。

RAID 5 パリティ分散

パリティという特別な考え方を用いることで、ディスクの冗長化する。
3台以上のディスクが必要だが、1台ディスクが壊れてもデータを失うことはない。
欠点はデータの書き込み時には、パリティを算出・生成する必要があるほか、パリティ生成のため1組のデータ・ブロックをいったんディスクから読み出さなければならず、オーバーヘッドが大きいので、書き込み性能は高くは無い。
故障に耐えられるディスクが1台までなので、2台以上同時に壊れると元データが復元出来なくなる。
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可