ディスククォータ

/ LPIC / Comment[0]
ディスククォータとは各ユーザに確保するディスクの上限のこと。
確保領域を越えて書き込みを行うとOSレベルで書き込みを拒否する。
ディスククォータの設定により、各ユーザが使用する領域を制限することにより、ディスクの空き容量不足によるエラーを防ぐことができる。

quota 現在のクォータを表示する
edquota クォータの設定を変更する
repquota 現在の各ユーザ毎のクォータの状況を表示する。使用状況のチェックを行うにはquotacheckを実行する必要がある。
quotaon クォータの機能を有効にする。予め、quota.user,quota.groupファイルを作成しておく必要がある。
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可