合気道 メモ

/ 合気道 / Comment[0]

師範はわけわからないことを言う。それは精神論のようにも聞こえる。理屈は通っているが結局師範も人間であり同じ構造を持つ体を操作して技を掛けている以上自分にできないことはないはず。

師範の動きを観察してみて分かったことをいくつかメモを書いてみる。
体幹や肩甲骨周りの大きい筋肉を使う。上腕などの末端の筋肉はあまり使わない。しかし、遊んでいる筋肉があってはならない。大きな筋肉を中心にすべての筋肉を使って動かして技を掛けているようだ。体というものは自分がイメージした100%の動きをしてくれないもの。鍛錬を積む上で筋肉と脳の指令を結合して体中の筋肉を器用に動かせるようにすることができるようだ。

ちょっとしたメモ

こて返し
体を開く際に肩甲骨の筋肉を使い、両肩をすぼめるようにして相手を崩す。崩す際は相手の手をへその下まで押さえる。それと同時に当身も入れる。

四方投げ
合気上げを併用して相手の肘を決めて入る。四方投げの表は四方投げの裏の途中というイメージだと感じた。
一度だけ師範の返される四方投げと返されない四方投げとやらを見た。若干の違いが見受けられたが確かなものは分からなかった。しかし客観的に見てもあれは返せない。

四方投げといい四教といい動きは見事に剣術のそれで非常に鮮やかだった。

関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可