JB23 10型に「RESPONSE JET RJ40-1620」を取り付ける

/ ジムニー / Comment[0]

MINICON(赤)、MINICONαに加えて今回はRESPONSE JETを付けてみました。

JB23 10型にはRJ40-1620が対応しています。 RESPONSE JET適合表

RESPONSE JETの効果

RESPONSE JETは過給圧制御ソレノイドバルブを通るエアを一定量バイパスすることでセンサーを誤魔化し、ターボの立ち上がりを良くするというものです。


画像:http://www.siecle.co.jp/products/responsejet.html

グラフを見ると、ノーマルより早い段階でターボが効いていることが分かります。K6Aエンジンが最大トルクを発揮する3500rpmで1kg/cm2にまで達し、2500rpmから3000rpmの実用域のターボの効きが良い事も読み取れます。

RESPONSE JETを取り付ける

以下はシエクルの説明通りの配管

過給圧制御ソレノイドバルブに繋がっている管を探します。画像の赤丸あたりにあります。作業時に邪魔になるのでクーラントのリザーバータンクを取り外します。

この2本の管にレスポンスジェットをかまします。純正の管は非常にキツく取り外しに苦労します。

レスポンスジェットに付属しているホースを適切な長さで4等分にして、付属の3又に差し込んでいきます。

シエクルの取説通りの配管ではダメ

上記の配管方法ではブーストは全く上がりません。K-Productsによると次の配管方法が正しい方法とのこと。

過給機ソレノイドバルブをバイパス。チャンバーウェストコントロールバルブの手前の配管とエアクリーナー側の配管の間にレスポンスジェットを入れる。
レスポンスジェットの正しい配管方法

これでノーマルブースト0.75から1.0まで上がるようになりました。また、ブースト圧が上がるタイミングも早くなり、シエクルの説明通りの挙動になりました。

走ってみた感じ

グラフ通りに実用域でターボがよく効き、車体が軽くなったような印象です。3000以上回すと背中を突き飛ばされたように加速していきます。こういう表現はしたくないのですが、「ヤバい」です。1200ccのスイフトもよく乗るのですが、それとほぼ同じ加速感です。ミニコンとミニコンαを付けましたが、RESPONSE JETがダントツで効果を実感できました。

このジムニーに燃料の量を調整する赤ミニコン、燃料噴射を早める黄色ミニコン、ターボの効きを早めるレスポンスジェットの3つが付きました。ノーマルの時と比べ、体感で分かるほどきびきび走るようになり、ライトチューンながら侮れません。更にエアクリとマフラーを変えて、赤ミニコンをミニコンプロに変えて細かく調整すれば更なるパワーアップが図れそうです。

関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可