人を引きつける話し方 (文字起こし)

/ .trash / Comment[0]

人の声は誰もが奏でる音ですが世界で最も力強い音だと言えます。
人間の声だけでしょう。戦争を始めたり...愛を伝えられるのは。

でも人が話しているというのに誰も聞いていないという経験をされた方も多いことでしょう。なぜでしょうか。
どうすれば力強く話し、世界を変えられるでしょう。
私が提案したいのは、悪しき習慣をやめることです。

話者の7つの大罪

皆さんのために題材として「話者の七つの大罪」を用意しました。
この7つは私たちが陥りがちな、かなり影響が大きい悪習慣であり私たちが避けるべき事です。

1.うわさ話 - gossip

その場にいない人間の悪口をいうことです。いい習慣ではないですね。
ご承知の通り、悪口を聞いて5分後には、その悪口を言っていた人は私たちのことを噂しています。

2.批判 - judging

思い当たる人いますよね。聞く気になりませんよね。
今まさに自分が批判の対象となりダメだしをされているんですから。

3.卑屈さ - negativity

後ろ向きになることもありますね。
私の母は晩年本当にネガティブで聞いていられませんでした。ある日、私が母に「今日は10/1だね」というと母はこう答えたのです。「そうよ 最悪だわ」こんな後ろ向きだと聞くに耐えません。

不平 - complaining

ネガティブと言えば不平もそうでしょう。イギリスのお国芸ですが、国技でもありますね。天気やスポーツ、政治などなんにでも不平をこぼします。
でも不平なんて不幸をまき散らすだけで世界に温かさや光をもたらしてはくれません。

言い訳 - excuses

身に覚えあるでしょうか。
責任転嫁ばかりする人もいます。他人に責任を擦り付け自らの行動に責任を取らないのです。
そんな人の話やはり聞いていられません。

脚色,誇張 - lying

時に言葉の格を落とします。すごいを連発していたら、いざ何か本当にすごいものを見てもそれを表現する言葉が見つからないでしょう。
この誇張はやがて嘘に繋がり、嘘つきには誰も耳を貸さなくなります。

独善的 - dogmatism

事実と意見を混同してしまうことです。この二つをごっちゃにしてしまうと、何も耳に入ってきません。誰かに自分の意見をさも真実かのようにぶつけられても聞けたものではないでしょう。

HAIL

前章では避けるべきことを話しましたが、前向きに取り組むこともあるでしょうか?ええあります。
私たちの話に力を与え、世界を変えるために、私たちが立脚すべき4つの強力な礎があります。
4つの頭文字をとるとある言葉になります。
「HAIL」です。意味も素晴らしいんですよ。HAILといっても空から降ってくるあられのことではなく「強烈に歓迎し称賛する」という意味です。

この4つをよりどころにして言葉を届けるとそんな反応が返ってくるはずです。
ではHAILは何を指しているか。皆さんは分かりますか?

Honesty

正直さ。真実を話し、率直に明快であることです。

Authenticity

ありのままであることです。
ある友人はこう表現しました。自らの真実に立脚することであると。素敵な表現ですね。

Integrity

誠実さ。自らの言葉のまま有言実行し信頼される人物になるのです。

Love

そしてLはLoveです。ロマンティックな愛ではなく、皆の幸せを願う愛です。これには二つの理由があります。
一つは絶対的な正直さがすべてではないからです。「わぁ今朝はひどい顔だね」とかそんな言葉いらないでしょう。
愛で和らげば正直さは素晴らしいものになります。また、本当に誰かの幸せを願えばその人を批判することは難しくなります。
この二つを同時に成し遂げることはできないでしょうね。

HAILです。

のどの使い方

何かを言うということは古い歌にもあるように伝え方も大事なのです。皆さんには素晴らしい道具箱があります。「のど」というのはすごい楽器で道具箱でもあるのですが使いこなしている人は少数です。
ここで道具箱を開けて中にある道具を取り出してみましょう。みなさん持ち帰って使えば話す力を高めることができます。

声域

裏声はたいてい役に立たないのですがその間の声域もあります。鼻から喉まで声を出す場所も変えられます。ほとんどの人は喉から声をだしているでしょう。でももっと重みを加えたいのなら、もっと下、胸から出します。違いが分かるでしょう?
低い声の政治家に投票するという事実もあります。というのも私たちは深さを力や権力と結びつけるからです。それが声域です。

音色

研究によれば豊かでなめらかで温かみのある声が好まれます。ホットココアのような声です。
あなたの声がそうでなくとも悲観する必要はありませんよ。訓練できます。ボイストレーナーを探しましょう。
息遣いや姿勢・練習によってあなたは見違えるように声質を改善できるのです。

韻律

抑揚や言葉に意味を添えるメタ言語でこれこそ会話の醍醐味です。ずっと同じ調子で話されると聞く気が起きませんね。
韻律がないからです。それこそ単調で変化に乏しい一本調子の世界です。それからこんな韻律もよく聞きますよね。疑問文のように文末が上がるものです?実際は疑問ではなく意見なのに?これを何度も繰り返していると韻律を使って意思疎通を図ることが出来なくなってきます。それはとても残念なことですからこの癖はぜひとも無くしましょう。

ペース

とても早く話すとすごく興奮している感じになります。
一方、ゆっくり話すと強調できます。
究極的にはよくご存じの沈黙です。

ちょっと沈黙したからって何も問題ないでしょう。
「えーと」とか「あー」で沈黙を埋める必要はありません。沈黙にはすごい力があります。

音高

感情の高ぶりは通常「音高」とテンポで表現しますが、実は「音高」だけでも可能です。

僕のカギをどこに置いた?
僕のカギをどこに置いた?!

音高を変えると少し違う意味になるでしょう。

声量

声量によって興奮した感じに表現できます。
あるいはとても静かに話すことで注意を引き付けられます。

大音量でずっと話す人もいますが、それは避けましょう。それこそ「大迷惑」というもので何も考えず周りの人に自分の音を無神経に押し付けているのです。感心しません。
こうしたことは何か重要なことを伝えるときに役立ってきます。こんな風にステージで話すときかもしれませんし、結婚のプロポーズをするとき、賃上げ交渉や結婚式でのスピーチかもしれません。

最後に

最後にまとめましょう。とても重要なことです。今の私たちはこんな状況です。
騒音や雑音が渦巻く環境で、聴いてくれない人を相手にあまりうまくない話しをしているのです。
このことについて私はここで様々な側面からお話しました。もし私たちが意識的に聴く人を相手に目的にふさわしい環境で力強く話せたら世界はどんなふうになるでしょう。もっと言えばもし私たちが、音を意識的に作り出し、意識的に受け止め、すべての環境を音を意識してデザインしたら世界はどうなるでしょう?
世界には音が美しく響き、そこでは相互理解が当たり前になるでしょう。これこそ広める価値のあるアイデアです。

ありがとうございました。

関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可