マイ木剣

/ 合気道 / Comment[0]

良く兄弟子に「そろそろマイ木剣要らないの?」と聞かれたり、師範に「木剣欲しいなら選んでやるぞ」と言われるけど、自分は稽古の際に道場にある剣を借りるだけで事足りると感じている。

合気の剣は武器ではなく剣杖体術の理合いを一致させるための稽古道具であり、体術の技を確信するためのシンボルであると個人的に思っている。もし、木剣での稽古を刀を使って戦うための稽古として行い、刀を武器として手に取れば血が流れる。これでは合気道からかけ離れてしまう。しかし、「剣杖体術理合いの一致」というように、稽古において剣は不要というわけではない。誰もが体の中に剣を持っているとも限らないし、どこかのフィクションの誰かさんのように剣を具現化できない。自分は剣を使った稽古が全くいらないほどの境地には到底達していない。

そこで稽古においては必要だと思う。あるいは技の確信のために。

本当に”いざ”という時に木剣を使うかもしれないが。

関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可