Win10のコマンドプロンプトからNTPサーバで時計合わせ

/ Windows / Comment[0]

GUIでWindows10の時計設定を行おうとすると結構手間なので、コマンドプロンプトから一発でNTPサーバーと同期をさせる方法をメモします。

Windowsにおいて、時計合わせで使用するコマンドはnet timeとw32tmがあります。
net timeはSMBプロトコルを用いてWindowsローカルネットワーク上に存在するNTPサーバと同期させるコマンドです。
w32tmはNTPプロトコルを用いてネットワーク上に存在するNTPサーバと同期させるコマンドになります。

NTPサーバから同期させるコマンドを挙げます。

任意のNTPサーバを設定する
通常はtime.windows.comなどが設定されていると思いますので、デフォルト設定でいいなら以下のコマンドは不要です。
NTPサーバを変更したい場合は以下のコマンドを実行することで可能です。
w32tm /config /manualpeerlist:time.windows.com /update
NTPサーバと時間を同期する
次のコマンドで設定されたNTPサーバと時間を同期します。
w32tm /resync /nowait
NTPの状態をする
w32tm /query /status
閏インジケーター: 0 (警告なし)
階層: 3 (二次参照 - (S)NTP で同期)
精度: -6 (ティックごとに 15.625ms)
ルート遅延: 0.3622268s
ルート分散: 7.8385857s
参照 ID: 0x34A9B35B (ソース IP:  52.169.179.91)
最終正常同期時刻: 2016/07/30 10:13:12
ソース: time.windows.com
ポーリング間隔: 10 (1024s)
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可