シェラ・デ・コブレの幽霊

/ 日記 / Comment[1]

『シェラ・デ・コブレの幽霊』(The Ghost of Sierra de Cobre)は、1964年に公開される予定であったアメリカ合衆国製作のホラー映画作品。日本では1967年に一度だけテレビ放送されている。
心霊探偵を主人公とした、当時のアメリカ映画としては珍しい日本的な「足の無い幽霊」が登場するホラー映画。元々はアメリカのテレビシリーズ『The Haunted』のうちの中編作品として製作されていた。しかし、本国アメリカでは「怖すぎる」との判断からお蔵入りとなり、上映および放送されることはなかった。

日本では約40年前、「日曜洋画劇場」で一度だけ放送された。また、試写版を見たテレビ局幹部が、あまりの怖さに嘔吐したとの逸話も残っている。ビデオ化はされておらず、インターネットや映画ファンの間で伝説となっていたという。

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20100128-OYT1T00249.htm

怖そうDA☆
ホラーは嫌いだけど好きなのでwすごく見たいですっっw
関連記事

コメント

No title

俺も同じく怖いのは嫌いだけど見たいという意味の分からない正確でしてwwww

| URL | 数学の問題集#-

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可