PR300SEに交換してもらた

/ Linux/Unix / Comment[0]
結局TCPタイムアウトを調節してもTX-ERROR List Create Errorは治らなかった

父ちゃんがインターネットに繋がらないつって勝手にnttに電話したのはいいんだが、
なんだかわけわからんとか言いやがって俺が代わることになった。
NTT「一応環境を教えていただけますでしょうか・・・はい、では、お使いのOSは何でしょうか」
俺「Linuxです」
NTT「すいません。Windowsのバージョンは何でしょうか」
俺「( ゚д゚)・・・Linuxです」
NTT「少々お待ち下さい」
NTT「はい、お使いのPCのOSはりなっくすということでよろしいでしょうか。りなっくすでお使いのセキュリティソフトはどのようなものでしょうか」
俺「( ゚д゚)・・・あのーLinuxなので・・・apparmor(ボソッ」
NTT「OSはりなっくすでセキュリティソフトはあっぷあーまーをお使いということで・・・」
それから数十分間、接続状態や電話が繋がるかどうか初歩的なことばっかり聞かれた。

サポートセンターっていうもんだからてっきりガチムチ専門家が電話の前で構えていてリアルタイムで解決の手伝いをしてくれるんかと思ったら、
素人の姉ちゃんが電話の前でマニュアル通りに喋ってるだけだった。
あのー詳しい人を呼ぶってことは出来ないんでしょうかと聞いてみたら、人をよこすと故障では無かった場合は手数料で来月の電話代に5千円ほど上乗せされるとのこと。
素人の姉ちゃんと話してても仕方ないから詳しい人を呼ぶことに。

30分後それっぽい人が着て、印刷しておいた障害ログを見せたら「やっぱりな」みたいな顔をしてPR200NEをPR300SEに交換してくれた。
「故障として扱っときますんで、手数料とかは得に無いです。それじゃお願いします」

んで現在に至る
PR300SEにしてから切断されるようなことはなくなった。
日本語のエラーログで気に入らんが、得に怪しいエラーは出てない様子。
悩みが一つ消えた瞬間である。
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可