BlueSniperRifleで380m離れたPCと通信できた

/ Linux/Unix / Comment[0]
「BlueSniperRifle3.0(仮)」略して「BSR」で380m間の通信に成功。

BSRとは新規格Bluetooth3.0をWLAN用八木アンテナに無理やりくっ付けて集団性&飛距離をうpさせるという結構前に半分ネタで作ったスナイパーライフル。
以前はBluetoothを分解するのが勿体なくてそのままアンテナに乗せた形だったけど、まぁそれでも通信距離は上がってたが、
思い切ってBluetoothのアンテナのカバーを金ノコで切り落とし、直接アンテナにアルミの針金をハンダ付けしてみた。

距離の測り方は、自室PCとUMPCにBSRを付け、BSRが向いている方向へ切断されるまで歩いていくという方法。
ペアリングの仕方が悪かったのか、UMPCから自室PCへpandで接続を試みるとrefusedになってしまう。
pandは一度タイムアウトしてしまうと再接続してくれないので、自室PCで次のようなスクリプトを実行して自動的に再接続させるようにした。
while :
do
sleep 1
ifconfig bnep0 >/dev/null 2>&1
if [ "$?" = "1" ];then
pand -nc 00:09:DD:xx:xx:xx
ifconfig bnep0 172.16.1.1
fi
done


青:BSR付き自室PC
緑:244m
赤:325m


244m地点でRSSIは-20、実効速度は35KB/s前後
ekigaで通話が出来そう


325m地点でRSSIは-35前後で途切れ途切れ。どうやらここが限界らしい。
っと思ったら
アンテナの方向を調節して再度歩いて見たら、

赤い点より右下の380m地点でRSSIが-25!こりゃおったまげた!もちろん自室PCの遠隔操作も出来る。

もうこれ以上遮蔽物無しの空間は近所にはない。こりゃノートPC二台でどこかの河川敷あたりで実験するしかないわな。
関連記事

コメント

:
:
:
:
:
管理人のみ表示を許可